停車場日記

× スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
××××××××××××××××××××××××××××××

× 港モンアルバム(5)

2011-06-30 04:33

基本、センセイはやっぱオンナでしょ。


譁ー縺励>繧、繝。繝シ繧クru2_convert_20110630040450


譁ー縺励>繧、繝。繝シ繧クru3_convert_20110630040659


港町モンキーズ


潮風に誘われて
ここまでやってきた
波の音切なくて
そっと目を閉じる
懐かしいあの日々は
遠い記憶の彼方
なにもかも海に捨てた
ああ いとしいこの港に


テーマ曲のバース(前歌)を歌うのがこのセンセイです。
ラストではこの物語が、センセイの回想であったというオチなんですが、
そんな作劇上のお約束はどうでもよろしい。


ハッキリいって、
オトコにとってセンセイはオンナにかぎりますなあ(遠い目)。
ことに小学高学年から中学のときのセンセイはオンナであってもらいたい。
色気づくころということですな。
いまは知らないが、
むかしは少年がはじめて身近に接する女性はオンナセンセイであったのだ。
当然妄想の対象になりますわな。


オレが中学のころは二人の美人教師がいて、
ひとりは堅物系、もうひとりはお色気系であった。
あこがれたのは堅物系であった。
そのツンツンぶりが妙に中学生ごころを揺すった。


お色気系のセンセイは、
毎日服を代えていたからオレら「七面鳥」なんてあだ名をつけて、
授業中ワイワイ騒いで泣かせてやったもんだ。


ほんとはどっちが好きだったんだろう。
いまオトナになったオレは、こう思う。
堅物センセイは遠い存在としてのマドンナだったし、
お色気センセイはやっぱ可愛らしかったからこそ、
いじめたんだろうとね。


ま、今回の作品では堅物センセイでいきましたが、
お色気センセイも登場させたかったなあ。


ブログランキングに参加しています
↓↓↓クリックをお願いします!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
  1. 銀鉄からのお知らせ
  2. TB(0)
  3. CM(0)
××××××××××××××××××××××××××××××

× プロフィール

銀河鉄道

Author:銀河鉄道
FC2ブログへようこそ!

× 検索フォーム

× ブロとも申請フォーム

× QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。