停車場日記

× スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
××××××××××××××××××××××××××××××

× 銀地のお散歩ノオト(伊良部死すの巻)

2011-07-29 18:06

ブログランキングに参加しています
1日1回のクリックよろしくね! m(_ _)m。
    ↓

人気ブログランキングへ


LAにて伊良部投手、死すの報アリ。
自殺とのこと、辛いねえ。






伊良部は高校時代、
野球留学で香川の尽誠高校にいたことがある。
当時の武勇伝はいろいろ聞いているが、
いずれも伝聞なのでここには書けない。
そうとうなヤンチャだったことは確かだ。
だが素晴らしい才能を持った投手であったこともまた確かだ。


当然のごとく、
ドラフト1位でプロ球界へ。
その後の活躍はいうまでもないだろう。
豪快なフォームから繰り出される超速の剛速球は、
まさに天才の名に恥じないモノスゴイものだった。


その後、大リーグへ。
ここでも当初の活躍はめざましいものだった。
だが速球投手の常として、
急速に衰えが見えてくる。
カモになった。
メジャーを離れ、ふたたび日本球界へ。


だがそれでも往年の活躍は見られず、
やがて引退。


その後のハナシだが、
一時期、四国・九州アイランドリーグの高知ファイティングドッグスに入団したこともあった。
月給は16万円だったとも18万円だったともいわれている。
天下の伊良部にこれはないだろうと、
当時オレは思ったものだ。


いろいろ事業にも手を出したようだが、
いずれも失敗。
飲酒運転や暴行事件で話題になったこともある。


野球しかできない野球バカだったんだろうな。
伊良部から野球を取ったらなにもなかった。
天才の宿命といったらそれまでだが、
オレは彼が青春時代、
とりわけ高校時代、社会性を身につけられなかったことが哀れでならない。


ただチヤホヤと褒めそやされ、
ホントウの意味での「勉強」を教わらなかった。
その意味では尽誠高校の罪は重い。
だいたい学校のブランド名を高めるためだけに、
県外から才能を集めてくるというやり口にオレはヘドが出る。
それって、
うちはもともとダメ高校だから、って白状してるようなものじゃん。


だがオレはどこかに無頼のニオイを宿した伊良部が好きだったよ。
どーして日本に帰って来なかったんだよー。
伊良部よう。




スポンサーサイト
  1. 銀次日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
××××××××××××××××××××××××××××××

× プロフィール

銀河鉄道

Author:銀河鉄道
FC2ブログへようこそ!

× 検索フォーム

× ブロとも申請フォーム

× QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。