停車場日記

× スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
××××××××××××××××××××××××××××××

× リムーバーが無いから昇り龍はまだ消しとらんのよ。

2012-10-31 08:59

次の日は早速職場へ復帰し、
昨日に浸る間もなく、ぼんやりした頭で
たまっていた仕事をこつこつ片付けていく。
声が枯れているから聞き取りづらいらしい。
何度も何度も聞きなおされる。


高松駅前広場を通って、お昼ごはんを買いに行く途中で、
チリン、チリリン、という鈴の音に足を止めた。


ああ、この音は。この聞きなれたこの音は。
毛野がいる。
思わず探したその音の先には、
杖に菅笠姿のお遍路さんが立っていた。


そうか、
もうあの子には会えないのだな。
大きなリボンを頭につけてくるくると回り、
訛りながら、友達になろうといってくれた、
あどけない少女に私は会えないのだ。
あの世界に二度と帰れないのだと思ったら、
泣けてきた。


八犬士はもういない。
真白い階段も、アジサイ村も。
どこにもいない。


けれども、
人前でごうごうと泣けるほどの勇気を持ち合わせていない私は、
さあ、褒美に寿司を食おうぞと歩き出した。
そうだ、そんなもんだ。
腹がへる。
私は歩き出す。
家に帰ってサンドウィッチマンのDVDを見なければ。
ほったらかしの愛猫とあそばなければ。
そうやって私は、私に帰ってゆく。
日常は、忙しくてそして、
幸せだ。



なーんて!!
メランコリックに言ってる場合じゃないっす。

このたびは本当にたくさんの方にご来場いただきありがとうございました。
おかげさまで3公演ともに満員御礼!
いやあ、ありがたやありがたや。
今年の銀河鉄道ミュージカル楽しんでいただけましたか?


そして、毎回大評判の(?)高齢、じゃねえ、
恒例「舞台の裏側全部見せます2012」は
近日公開予定です。
カミングスーンってやつです。


さあ、それまでは勇気のポチリを。
人気ブログランキングへ



しかし、手元に舞台の写真が一枚もないのはどうしたものか・・・・・・。
ひとまずこれでごまかしておくか。

P1080955_convert_20121014235028.jpg

太陽の塔のようなチュッパの塔の残骸。
いやあ、食べたたべた。
たぶんこれからチュッパチャップスを食べる度に、
辛く長い稽古の日々を思い出すんだろうなあ。
あの懐かしく甘い時間を。


          (たへぱんだ)
 


                


スポンサーサイト
  1. 銀鉄からのお知らせ
  2. TB(0)
  3. CM(1)
××××××××××××××××××××××××××××××

× プロフィール

銀河鉄道

Author:銀河鉄道
FC2ブログへようこそ!

× 検索フォーム

× ブロとも申請フォーム

× QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。