停車場日記

× ノリについて

2013-12-20 02:49

4、5日前から、また腰痛が出てきやがった。
立ち上がるたびにイテテとなるし、
歩くのも腰をかばって前かがみになる。
みっともないっちゃありゃしない。


お医者に行ったら、
「3年前に来てますねえ」と言われた。
それ以前は5年ごとくらいだったが、
だんだんスパンが短くなってる。
やだねえ。
年かねえ。


そういう状態にあるのに、
ついついローリング・ストーンズのチケットを予約しちまった。
だいじょうぶか、オレ。





いちおうゴールデン・サークルという席で、
花道まわりとなっているのだが、
やっぱり立つのかねえ。
立たなきゃいかんのかねえ。
坐ったままじゃダメなんかなあ。


そういえば、いつごろからだろう、
ライブコンサートといえば、
立ってカラダを揺するのが当たり前になったのは。


むかしはそうでもなかった。
ビートルズのころも、キャーキャー奇声をあげてたが、
お客はしっかり席に坐ってた。
坐ったまんまで失神してた。
失神はする。するが、礼儀正しく失神してた。


グランド・ファンク・レイルロードの来日コンサートは、
雷雨のなかの野外コンサート(後楽園球場)とあって、
異常な盛り上がりをみせたが、
それでも坐って聴いてるやつもけっこういたもんなあ。


それがいまでは、ライブといえば立つ。
スタンディングでこぶしを振り上げるのが、
もうお約束になっちまった。
ヘタに坐ってたりすると「おじさん、ノリ悪い!」とか言われちゃう。
ほっとけや。


わたしも友人のライブなどに誘われて出かけることもあるのだが、
どんなにドへたな演奏でもみんな立ってノルんだよなあ。
そんんんなにノリたいか?
なんんんんんでもいいからノレばいいのか?
それってむしろアーティストに対する冒涜のような気がするが、
違うのかなあ。オレが古いのかなあ。
それとも宗教かなにかなの、踊るのあるし。


理屈を言うワケじゃないが、
ノリって本来、
音楽にうながされてだんだんカラダの奥から出てくるもんじゃないの。
それを最初から盛り上がってどうすんの、って思う。
もっと言えば、客が演奏者にノセろって言うのは、
立場、違ってない。
アーティストに敬意を払ってないってことじゃん。
要するに前戯は抜きでいきなり……おっとと、下ネタ禁止だった。


とにかくノセろノセろってせがむオーディエンスって、
「ノセてくれ乞食」ってことだよ。
そんな楽しみかたしか知らないやつらを、
あたしゃ哀れむね。


ま、そんなワケで、
ストーンズ予約しちまったが、
こ、こ、こ、腰がねえ。


先のポール・マッカートニーといい、
今回のストーンズといい、
オールドファンも多いことだし、
どうだろうシルバー席ってのを用意してみちゃ。
考えてみてくれんかのお、キョードー東京さん。(ウ


人気ブログランキングへ




スポンサーサイト
  1. 銀次日記
  2. TB(0)
  3. CM(0)
××××××××××××××××××××××××××××××

× プロフィール

銀河鉄道

Author:銀河鉄道
FC2ブログへようこそ!

× 検索フォーム

× ブロとも申請フォーム

× QRコード

QR