停車場日記

× スポンサーサイト

-------- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
××××××××××××××××××××××××××××××

× コンコースで休憩中。二十世紀最後の巨大魔窟・九龍城がモデル「クーロンズゲート」

2012-07-01 22:30

「感動しました!」「涙が止まりませんでした…」とかいう映画CM…あれってギャグってことでいいよね?

なぁんて、梅雨の不快指数のせいかしら…ももっちです。


よく使う駐車場近くにある夜のお姉様方のお店の、路上看板の上で寝ている野良猫に癒される今日このごろ。

客引きのお兄さんとも仲良しみたいで、そのまま放置されてます。

見てる分には微笑ましいが…いいのか? まぁいいや。


☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡☆≡


ではでは早速リレーに行っちゃうか!

前回の"に"続きで…

望郷…「懐かしさ」つながりってことで。


十世紀最後の巨大魔窟・九龍城がモデル「クーロンズゲート」(PSゲームソフト)
クーロンズゲート



九龍城とは、香港に実際にあった巨大違法建築群。

もともとは南宋時代に香港に作られた城砦で、アヘン戦争で英国に香港全域を租借された際
九龍城だけは清朝の反発により、中国側に残されることになった。

しかし、中国でも国が不安定ななかでは管理しきれず、英国の力も及ばない、「法」の存在しない場所となる。

第二次世界大戦後は不法入国者の流入や様々な犯罪の温床となり、違法建築を繰り返して、巨大迷路のような”街”を形成した高層建築物へと成長する。

”街”だから、多くの店や医者や食品工場etc…、そしてもちろん学校もある。

5万人もの人々が、こんな出鱈目な場所で自分たちのルールを作って生活していたっていうんだから、驚く。



この「九龍城」の存在を知ったのは、香港返還が数年後に迫ったなか、取り壊しが決まったとニュースで見たとき。

当時、「この現代にこんな無茶苦茶な場所があるなんて!」と、衝撃と興奮を覚えました。



で、話は「クーロンズゲート」に戻る。

15年前、折しも香港返還と同じ年に発売されたゲーム。


ストーリーは、太極図のように「陰界」と「陽界」に二分された世界が舞台。

風水バランスの整った陽界に、風水の存在しない陰界の九龍城が突如として出現する。

主人公(プレイヤー)はその九龍城に潜入して風水を立ち上げる、というもの。


ダンジョンでの戦闘自体は至ってシンプル(迷路すぎてめちゃくちゃ酔うけど)。

それにくらべ、九龍城のなかの町々の異様なまでの密度の濃さ。

龍城路

九龍フロント

大井路

ダクレイ


水道管やケーブル、様々なパイプが壁や天井を無造作に這い、昼でも陽の差さない暗さ。

建物内なのに車や自転車が放置され、ゴミなのか瓦礫なのか判別しがたいモノが散乱した通路。

どこへ続くのかわからない枝道や、階段の数々…

そしてこの中で生活する人々の、異物(主人公)に対する目…

ただ路上にいるだけの人々にも監視されているような圧迫感。


なんとも形容しがたいディープな世界は、放浪を重ねるうち、既視感のような不思議な懐かしさを感じ、いっそのこと「この中で暮らしたい」という中毒症状に見舞われるほど見事なものです。

制約が多すぎて人によっては全く受け付けないゲームですが、ハマると何回プレイしても楽しめます。

この世界を本当に自由自在に探検できたら…楽しいだろうなぁ。


オルゴール屋オルゴール屋

通りすがりに音を奏でてくれます。荒んだ町の中で、癒しの存在です。




ブログランキングに参加してます♪♪

ぽちぽちっといっとく?
人気ブログランキングへ

多謝!

んじゃあ、お次のリレーは「クーロンンズゲート」の"と"でお願いしま〜す☆



スポンサーサイト
  1. 銀鉄日記
  2. TB(1)
  3. CM(1)
××××××××××××××××××××××××××××××

コメント

× 

2012-07-01 22:49

いいよねぇ~
九龍城!

あの世界観はたまらないッス( ̄ー ̄)

ゲームはやったことないけど…
ももっち守備範囲広いっすね~(*^^*)
  1. URL
  2. たま #tMEs2SJE
  3. Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

× まとめtyaiました【コンコースで休憩中。二十世紀最後の巨大魔窟・九龍城がモデル「クーロンズゲート」】

2012-07-03 02:24

「感動しました!」「涙が止まりませんでした…」とかいう映画CM…あれってギャグってことでいいよね?なぁんて、梅雨の不快指数のせいかしら…ももっちです。よく使う駐車場近くに
  1. まとめwoネタ速neo

× プロフィール

銀河鉄道

Author:銀河鉄道
FC2ブログへようこそ!

× 検索フォーム

× ブロとも申請フォーム

× QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。